スポンサーリンク

コストコで購入した↓三元豚の焼き肉用を自家製しょうゆ麹で焼きあげました。

コストコ:三元豚肩ロース(焼肉用) カナダ産

しょうゆ麹のおかげで、もともとやわらかいコストコの豚肉が、更にやわらかくなり。
食感が非常に良くなります。

材料

(コストコ)三元豚肩ロース(焼き肉用)カナダ産:1切れ
漬けタレ:適量で肉が浸るぐらい(しょうゆ麹1+みりん0.5+お酒0.5の割合)
黒こしょう:お好み
乾燥ハーブミックス:お好み

1・豚肉をスジ切り処理をして、漬けだれに1晩漬け込む。(冷蔵庫)

2・焼く30分前には取り出して、串をさす。
豚肉は脂身は多いが、霜降りのさしが少ない為、油を通して肉の内部まで火が通りにくく、
強火で焼いてしまうと周りが固くなってしまい、食感が悪くなってしまうと考える。
鉄串を刺すことにより、弱火でも肉の内部に熱を通しやすくなり、焼き上がり時間が短縮され、焼き過ぎによる肉の硬化を防ぐことが出来る。
(バーベキューでありがちな、生肉を食べたことによる食中毒防止にも良い)

コストコの三元豚肩ロースは1枚が大きいので、半分に切った。

3・上置きを使用し、7~9ミシシッピ程度の弱火で5分ほど焼く
炭の赤外線を効率的に食材へぶつけるために、アルミホイルをかける。

スポンサーリンク

4・ほのかに焼き色がついたら裏返しして、同様にアルミホイルをかぶせながら焼いていく

5.最初の面を5分ほど焼いていた際に、アルミホイル等で多少火が通っているため、
こちら側は3分ほどで同様な焼き色がついた。

6.最後まで強火にせず、弱火をキープして、さらに両面を好みの焼き色がつくまで焼く。
今回は両面ともに更に2分ずつ焼き色をつけた。

7.肉から串を抜き、切り分けたらお皿に盛りつけ、付け合わせのホウレンソウの炒め物と、
乾燥ハーブミックスをまぶしてて出来上がり。
鉄串は肉の近くほど非常に高温になっているため、軍手などを使用することを推奨する。

※付け合わせとしてオリーブオイルとしょうゆ麹で軽く炒めたホウレンソウを加えたが、
焼いた豚肉・ハーブ・オリーブオイルの香りが合わされ非常に香りが良くなった。

 

 

スポンサーリンク