スポンサーリンク

炭火焼:コストコの豚バラ肉の味噌焼き

コストコで購入した豚バラ肉かたまりを串サイズに切り分け、赤みそベースのタレでみそ焼きにしました。

注意:豚肉から発生する大量の脂のおかげで煙がたくさん発生するレシピです。
ご近所に対して気を使いながら自宅七輪を進める方法を公開していますので、下記記事参考にしてください。

自宅七輪で炭火を楽しむ為の方法まとめ。(煙・匂い対策等)


材料

(※コストコ表記は、コストコで購入した物。)

・(コストコ)豚バラ肉かたまり(200g)
・★赤みそ:30ml
・★酒:30ml
・みりん:30ml

☆仕上りの量として、串2本分としています。


作成手順

豚バラ肉かたまりを1cm程度で切り分けます。肉厚は集めのほうが炭火では焼きやすいです。
(薄いと表面がすぐ焦げてしまうので)ただし、あまり厚すぎると食べるのが大変になってしまうので1cmぐらいがベストかと思います。

切り分けたものを、串に刺せるよう3cm程度に切り分けます。

鉄串に肉を刺します。鉄串は2本使わないと、焼く際に回転してしまう為です。
ひっかけ式の串焼き台みたいのあれば良いんでしょうが、私はそんなの持っておりませんので。
下の写真は量が多いですが、大体豚バラ肉600gぶんぐらいあります。
家族全員分なので、仕込みはこれぐらいになってしまいました。

肉の内部まで常温にするため、30分ほど室温で放置します。
肉厚なので内部温度が低いままだと生焼けの元です。食中毒には十分ご注意を

火力についてですが、七輪は上置きをつかい、8ミシシッピ程度の弱火でじっくり火を入れていきます。
(炭火料理の火力を把握する「ミシッシッピテスト」はこちらのリンクを参照)

豚肉は脂身はあっても、牛肉のような「さし」がない部分は火が通りにくいので、強火で焼いてしまうと一気に固くなってしまうからです。

アルミホイルをかぶせて3分ほどで下の写真のような焼き色が付いたところで、ひっくり返します。

スポンサーリンク

両面下のような焼き色が付いたところで、火からおろして、アルミホイルを掛けながら肉を休めます。
肉汁を落ち着かせるためと、余熱で肉の内部にさらに火を通すためです。

肉を休めている間に味噌タレを作ります。

材料の★を鍋にいれ、中火で一度沸騰させてアルコールを飛ばしたら出来上がりです。
しっかり混ぜながら火を入れないと焦げますから注意!

火力は変わらず弱火のまま、休ませていた肉にみそだれをつけて焼いていきます。

タレが乾いたらひっくり返す気持ちで、じっくり焼いてください。
1,2分ほどでタレが乾くと思いますので、2,3度タレを付けるのと、焼くのを繰り返します。

↓3回ほど繰り返した写真

強火で最後に焼いてしまうと、肉から大量にでてくる脂が、タレを持っていってしまい台無しになりますので、
最後まで弱火でじっくり焼きましょう。

串から取り外し、お皿に盛ったら出来上がりです。

濃厚な味噌の味と、豚の脂が混ざり合い、ごはんが進んでしょうがない一品となりました。
(私は炭水化物制限中なので食べれませんでしたが…)

今回使った味噌タレは、他の食材にも基本的になんでも合うので、色々試していきたいと思います。


今回使用したコストコ食材の紹介

コストコ:国産豚肉バラかたまり

スポンサーリンク