スポンサーリンク

炭火焼:コストコ豚肉しょうが焼き用のレタス巻きについて

冷蔵庫でまるまる余っていたレタスを、コストコで購入した三元豚部豚肉しょうが焼き用で巻いて、炭火で焼いた1品となります。
豚肉にはさし(脂)がないので、強火で焼いてしまうと固くなってしまう為、じっくり火を通すことがポイントです。

タレには、伝説のすた丼監修のスタミナ焼きのタレを使用しています。


材料

(※コストコ表記は、コストコで購入した物。)

・(コストコ)豚肉しょうが焼き用:2枚
・レタス:2枚
・(コストコ)伝説のすた丼屋監修すたみな焼きのタレ:適量
・塩・こしょう:適量

☆仕上りの量として、肉巻きレタス2つ分としています。


作成手順

レタス1枚を豚肉しょうが焼き用1枚で巻きます。
肉の重なり合う部分を気持ち強めに押しておきます。どうしても肉がはがれてし合う場合、水につけた爪楊枝で固定します。
炭火で焼く為、つまようじは水に漬けておかないとすぐ焦げてしまいますので注意です。
特になくても全てうまくいきましたので、いらないと思います。

巻き終わったら塩コショウをお好みで全体にかけて下味をつけます。

火力についてですが、七輪は上置きをつかい、8ミシシッピ程度の弱火でじっくり火を入れていきます。
(炭火料理の火力を把握する「ミシッシッピテスト」はこちらのリンクを参照)

肉の重なっている側から焼きはじめ、全体的に薄く焼き色が付くまでひっくり返しながら焼き、肉に火を通していきます。
焼き色が付くまで焼いてしまうと、このあとのタレをつけて焼くフェーズで固くなってしまうので、この段階では全体的に色が変わる程度とします。

焼く際は下記のようにアルミホイルを被せると早く火が通りますのでお勧めです。

焼いているうちに、タレの準備ですが、すた丼のテレを事前に煮詰めて水分を多少飛ばしておきます。
少しドロドロのほうが炭火で焼いた肉によくからみつきますので、タレが炭に落ちて煙が発生するのを抑えられると考えています。

ご近所に気を使わないと、自宅で炭火料理はできません。

肉の色が全体的に変わったら、肉にタレを絡ませて焼いていきます。
この時点では火力は変えず、付けたタレが乾いたらまたタレを付ける。といった動作を2度ほど繰り返します。

この時もアルミホイルを被せることで、発生した燻煙により食材に美味しい香りがどんどんプラスされていきます。

スポンサーリンク

2度ほど漬け焼が終わりましたら、上置きを外して表面に強い焼き色をつけます。
火力としては5ミシシッピ程でしょうか
すぐ焦げてしまうので十分注意です。

少し強めにコゲをだしたほうが香ばしさアップします。
あまり長時間焼いてしまうと、せっかく弱火でじっくり火をいれた柔らかいお肉が固くなってしまうので、短時間ですませましょう。
火力を上げても可です。

お皿に盛り付けて完成です。

すた丼のタレが炭火によって非常に香ばしく、食欲をそそります。
お肉も弱火でじっくり火を通したおかげで柔らかく、しゃきしゃきのレタスとの食感が非常に相性が良くなりました。
フライパンで煮詰めても美味しいとは思いますが、この柔らかさと香ばしさは出せないと思います。
炭火最高!


今回使用したコストコ食材の紹介

①コストコ:三元豚ロースショウガ焼き用(カナダ産)

コストコ:三元豚ロースショウガ焼き用(カナダ産)について

②コストコ:すたみな焼きのタレ(伝説のすた丼屋監修)

コストコ:すたみな焼きのタレ(伝説のすた丼屋監修)について


自宅七輪で炭火を楽しむ為の方法まとめ。(煙・匂い対策等)

自宅七輪で炭火を楽しむ為の方法まとめ。(煙・匂い対策等)

スポンサーリンク